本日は、くも膜下出血で障害年金を考えてらっしゃるご家族と面談をいたしました。

本日は、くも膜下出血により障害年金請求を考えているご家族と面談をいたしました。

相談者様は、当時厚生年金加入中であり、仕事から帰って自宅で倒れ、救急搬送されたそうです。

初診からちょうど一年半経過後の相談でしたので、障害厚生年金の認定日請求をすることになります。

認定日請求とは、初診から1年半経過した時点で障害年金請求を行うことです。

症状は、左手は全く動かず、両足も硬直があり歩くこともままならない状態。

他にも構音障害があり、ご家族との会話も意思疎通に時間がかかるそうです。

このように、後遺障害が2つ以上ある場合、それぞれの診断書をとって併合判定になる場合と、併合しても等級が上がらない場合など、出ている症状により違ってきます。

障害年金請求で悩まれている方は、一度無料相談にいらしてください。

 

 

LINEで簡単にご相談できます。

LINEをお使いのお方はLINEを使って簡単にご相談することができます。
「お友だち追加」をしていただいてお気軽にお問合せ下さい。

友だち追加

お問合せフォーム

愛媛県松山市を中心に障害年金の申請をサポートしています。
障害年金専門の事務所にお任せください。
「愛媛・松山障害年金相談センター」へのお問合せはこちらから

お名前

メールアドレス

お電話番号

年齢

お住まい

お問い合わせ内容
無料相談を申し込みたい障害年金の質問がしたいその他

ご相談内容

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

ご相談事例の関連記事はこちら