本日は双極性障害の方と面談をしました。

本日は、双極性障害により20年前から受診をしている方と面談をしました。

初診から10年間は県外に住んでおり、10年前から愛媛に戻ってきたそうです。

今回は20年前の初診日を証明することが出来るか、ということがポイントになります。

詳しくお話を伺うと、症状には波があり、悪化しているときでも一人である程度の生活はできているとのこと。

相談者様は初診時には国民年金加入だったため、障害基礎年金を請求することになります。

障害基礎年金は1・2級にならなければ障害年金対象にはなりません

現在、一人でもある程度の生活は出来るとのことで「申請しても年金受給は難しい」とお話しいたしました。

自分が障害年金を受給できるほどの程度なのか、ご不明な方はいつでもお問い合わせください。

LINEで簡単にご相談できます。

LINEをお使いのお方はLINEを使って簡単にご相談することができます。
「お友だち追加」をしていただいてお気軽にお問合せ下さい。

友だち追加

お問合せフォーム

愛媛県松山市を中心に障害年金の申請をサポートしています。
障害年金専門の事務所にお任せください。
「愛媛・松山障害年金相談センター」へのお問合せはこちらから

お名前

メールアドレス

お電話番号

年齢

お住まい

お問い合わせ内容
無料相談を申し込みたい障害年金の質問がしたいその他

ご相談内容

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

ご相談事例の関連記事はこちら