本日は両難聴がんの方と面談を行いました。

本日は両難聴の50代の方と面談を行いました。ホームページからお問い合わせを頂いて相談に来られてました。

相談者の方は幼児期から耳の聞こえは悪く、社会人になって健康診断の度に指摘されていたそうです。

ご本人は子供のころから聞こえは変わっていないので普通だと思い病院を受診せず、15年前に悪化したことで補聴器作成の為に受診しました。

病院に当時のカルテは残ってなく、証明が取れない事での相談でした。障害年金については初診日が重要になります。

15年前だとカルテの保存期間も過ぎており、その場合はほかの代わりとなる証明書というのが必要になります。

今回の場合は補聴器を作成している記録があったので、それを証明書類とし手続きを進めることになりました。

初診日の証明が取れない、昔のことだからどうしていいのか分からないなど障害年金のことでお困りの場合は当センターまでお気軽にお問い合わせください。

お問合せフォーム

お名前

メールアドレス

お電話番号

年齢

お住まい

お問い合わせ内容
無料相談を申し込みたい障害年金の質問がしたいその他

ご相談内容

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

ご相談事例の関連記事はこちら