本日は双極性障害の娘さんとお母様と面談を行いました。

本日は統合失調症の娘さんのご家族と面談を行いました。当サイトを見て電話をしてからの相談でした。

相談者の娘さんはお母様とご一緒にいらっしゃいました。高校生の時にうつ病になり専門学校の時には何もなかったのですが、就職後にまたうつ病になったそうです。現在通われている病院では双極性障害と診断されたそうです。

精神の病気については精神科や心療内科の先生によりうつ病と診断されたり双極性障害と診断されたり、多量の薬を処方されたりします。ご相談者の方も病院の先生がたくさんの薬を出されて不信感をお持ちで病院を何度も転院されています。

障害年金の診断には先生の診断書により障害年金が受給できるかできないか決まると言っても過言ではありません。先生の中には障害年金をもらうことは快く思ってない先生や診断書の書き方を分からず甘く診断してしまう先生もいらっしゃいます。当センターでは相談者の方に寄り添って少しでも障害年金が出るように先生に対してお願いの文書を書いてそれを持って行ってもらうようにしています。

もし障害年金のことで分からない、もしくは先生が協力的でなくてどうしたらいいのか分からない場合はお気軽にお問合せください。

お問合せフォーム

お名前

メールアドレス

お電話番号

年齢

お住まい

お問い合わせ内容
無料相談を申し込みたい障害年金の質問がしたいその他

ご相談内容

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

ご相談事例の関連記事はこちら