本日は人工関節の手術をされた方と無料相談会で面談しました。

本日は人工関節の手術をされた方と無料相談会で面談しました。愛媛新聞の折り込み広告を見ての相談でした。

相談者の方は数年前に足が痛くて病院で人工関節の手術をされて両足に人工関節を入れました。話によると初めて病院に行った日は国民年金でした。人工関節の場合は障害年金の3級になります。初診日が国民年金の場合は障害基礎年金になるため2級以上にならないといけないため今回のケースは対象にならないはずでした。

しかし20年以上前に厚生年金をかけているときに整形外科に通ったことがあることが分かりました。そのため障害厚生年金の3級に該当する可能性が出てきました。しかしその病院の先生はすでに亡くなって二代目になっているそうです。しかも20年前なのでおそらくカルテが残ってはないのではないかということになりました。
そのため望みは薄いですが病院に聞いてみてくださいとアドバイスしました。

障害年金を知らないばかりに初診日を特定できない場合が多いです。初診日が特定できないと障害年金を受給することができません。もし初診日が分からないのでどうしたらいいのか分からない場合はお気軽にお問い合わせください。

お問合せフォーム

お名前

メールアドレス

お電話番号

年齢

お住まい

お問い合わせ内容
無料相談を申し込みたい障害年金の質問がしたいその他

ご相談内容

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

ご相談事例の関連記事はこちら