医者がカルテがないけど診断書を書くよと言ってくれています。これは法律違反ではないですか?

Q 質問

カルテが保存期間外にあるため、すでに破棄されていました。主治医の記憶にはあるため「カルテがないけど書くことに問題がなければ書くよ」と言ってくれています。これは医師法ではどのような見解になりますか?

A 答え

医師法には特に規定がありません。

もっとも、「権威のある診断書には、医師のみが作成できる専門的な証明力が高い文書であるから、その及ぶ影響力を考えて正確を期さなければならず」、さらに「医師の作成した診断書には、正規の鑑定人の作成した書類に関する刑事訴訟法321条第4項が準用されるものと解するものを相当とする」という最高裁判例があることから(医師の作成した書面は、鑑定書と同じく信用性が担保されているという趣旨です)ことなどから、記憶のみに基づく診断書を作成することに否定的な文献があります(「日本医事新報」第2818号(昭和53年4月29日発行))、通常でしたら書けないとお断りするケースと思われます。

LINEで簡単にご相談できます。

LINEをお使いのお方はLINEを使って簡単にご相談することができます。
「お友だち追加」をしていただいてお気軽にお問合せ下さい。

友だち追加

お問合せフォーム

愛媛県松山市を中心に障害年金の申請をサポートしています。
障害年金専門の事務所にお任せください。
「愛媛・松山障害年金相談センター」へのお問合せはこちらから

お名前

メールアドレス

お電話番号

年齢

お住まい

お問い合わせ内容
無料相談を申し込みたい障害年金の質問がしたいその他

ご相談内容

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

障害年金Q&Aの関連記事はこちら