医者が診断書を書かないと言われました。どうすればいいのでしょうか?

医者から診断書を書くのを拒否されました。どうすればいいのでしょうか?

A 答え

医者の書く診断書は障害年金の添付書類の中で最も重要な書類です。この診断書によって8割方決まってしまいます。医者はいつも忙しくしているため診断書を書く暇がないためできれば書きたくないと思われている方も中にはいらっしゃいます。また診断書を書いたことがないためどう書いていいのか分からないので書きたくないと思われている方もいらっしゃいます。

医師法により医者は診断書の依頼があれば正当な理由がなければ拒否ができないと定められています。まずは医者がどうして拒否をされているのはなぜなのかと聞いてみてください。それが正当な理由もなく拒否されているのであれば、内容証明であらためて診断書を依頼してみることもできます。

当センターでは医者に拒否された場合の内容証明についてもご相談に乗れますのでお気軽にお問合せ下さい。

LINEで簡単にご相談できます。

LINEをお使いのお方はLINEを使って簡単にご相談することができます。
「お友だち追加」をしていただいてお気軽にお問合せ下さい。

友だち追加

お問合せフォーム

愛媛県松山市を中心に障害年金の申請をサポートしています。
障害年金専門の事務所にお任せください。
「愛媛・松山障害年金相談センター」へのお問合せはこちらから

お名前

メールアドレス

お電話番号

年齢

お住まい

お問い合わせ内容
無料相談を申し込みたい障害年金の質問がしたいその他

ご相談内容

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

障害年金Q&Aの関連記事はこちら