不安障害(SAD)は障害年金の対象になりますか?

Q  ご相談

障害年金と精神保健福祉手帳の申請を検討しています。ただ、障害年金は不安障害では申請出来ないと聞きました。抑うつ気味ではありますが、うつ病といった診断は頂いていません。 このような状況でも、申請は可能でしょうか。何卒宜しくお願い致します。

A 答え

社会保険労務士の岩本です。
障害年金のお問合せありがとうございます。

不安障害(SAD:Social Anxiety Disorder)とは、不安を主な症状とする精神疾患のことです。特定の対象や状況に対する不安や恐怖が過度に心を占めて精神的に苦しみ、不安や恐怖を感じる状況を避けようとする回避行動により日常生活に支障が出ている状態を指します。

不安障害については神経障害に該当します。
障害年金の判断基準としては以下の通りとなっています。

神経障害にあっては、その症状が長期間持続し、一見重症なものであっても、原則として、認定の対象とならない。ただし、その臨床症状から判断して精神病の病態を示しているものについては、統合失調症に準じて取り扱う。

神経障害は、うつ病などの精神病と比べ一般的に病状が軽いとみなされているため、またご自身で治療を行い軽減することができるということから障害年金の対象から外れています。

ただし、精神病の病態を示しているものについては障害年金の対象となります。
そのため障害年金の診断書において「うつ病、社会不安障害」と医者に診断してもらえれば障害年金の対象となる可能性はあります。

障害年金のことで分からないことがあればお気軽にお問い合わせください。
>>障害年金のお問合せはこちら

愛媛・松山障害年金相談センター
所長 岩本浩一

LINEで簡単にご相談できます。

LINEをお使いのお方はLINEを使って簡単にご相談することができます。
「お友だち追加」をしていただいてお気軽にお問合せ下さい。

友だち追加

お問合せフォーム

愛媛県松山市を中心に障害年金の申請をサポートしています。
障害年金専門の事務所にお任せください。
「愛媛・松山障害年金相談センター」へのお問合せはこちらから

お名前

メールアドレス

お電話番号

年齢

お住まい

お問い合わせ内容
無料相談を申し込みたい障害年金の質問がしたいその他

ご相談内容

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

メールのご相談の関連記事はこちら