甲状腺機能機能低下症とSLE(全身性エリトマトーデス)とは相当因果関係がありますか?

Q  ご相談

甲状腺機能低下症を小学校の時期に発病、受診された方がいます。2年前から膠原病のSLEを発病発症(SLEの初診日は厚生年金加入中)されSLEで請求予定です。通常両疾患は相当因果関係はありますか?

A 答え

愛媛・松山障害年金相談センターの岩本です。
お問い合わせありがとうございます。

SLE(全身性エリトマトーデス)は自己免疫疾患なので、甲状腺機能低下症が自己免疫疾患に困るものである場合は相当因果関係ありと認定される可能性があります。

したがいまして、甲状腺機能低下症について病歴や受信状況等証明書の登録を求められることも考えられます。

甲状腺機能低下症の原因は様々ありますし、SLEとは相当因果関係なしとしたいところですので甲状腺機能低下症について慎重に調査する必要があると思われます。

LINEで簡単にご相談できます。

LINEをお使いのお方はLINEを使って簡単にご相談することができます。
「お友だち追加」をしていただいてお気軽にお問合せ下さい。

友だち追加

お問合せフォーム

愛媛県松山市を中心に障害年金の申請をサポートしています。
障害年金専門の事務所にお任せください。
「愛媛・松山障害年金相談センター」へのお問合せはこちらから

お名前

メールアドレス

お電話番号

年齢

お住まい

お問い合わせ内容
無料相談を申し込みたい障害年金の質問がしたいその他

ご相談内容

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

メールのご相談の関連記事はこちら