相談事例

人工肛門で障害年金の受給は?扶養内の加入年金は?

本日は、令和2年に初診で数カ月後に人工肛門手術をした方からお電話を頂きました。 人工肛門は障害年金3級に該当します。 まず初診に加入していた年金が厚生年金か国民年金かを伺いました。 しかし相談者様、ご自身が何の年金を掛けているかわからないとのこと。 まず初診時に働いていたか伺うと「夫の扶養に入って主婦をしている」とおっしゃいました。 配偶者の扶養に入っている場合、ご自身で厚生年金に加入し 続きを読む

家族が脳梗塞で入院中、障害年金は?

本日はご家族が脳梗塞になり、今後どうしたらいいのか色んな所に相談しているという方からお電話を頂きました。 脳梗塞でどういった場合に障害年金対象になるかをご説明いたしました。 まず初めて病院にい行った日から1年半経過して、障害年金請求ができるようになります。 対象になる症状として、 1.四肢に麻痺があり、手足を動かすことが困難になった場合。 2.記憶や発語に障害が出て、病気前と同じ就労が困 続きを読む

心臓にステントを入れているが、障害年金の受給はでますか?

フリーペーパーリックをみて、心臓にステントを入れている方からご質問を頂きました。 病名を伺いましたが、定期通院はしているけれど病名を覚えてはいらっしゃいませんでした。 心臓にステントを入れているだけで障害年金対象になるのは【大動脈疾患】です。 胸部大動脈解離や胸部大動脈瘤により、人工血管を挿入している場合に障害年金3級となります。 大動脈以外の疾患でステントを入れているのみでは、障 続きを読む

軽度知的障害と発達障害で障害年金を受給できますか?

本日は、お子様が軽度知的障害・発達障害と診断されている方から障害年金を受給できる可能性があるかお問い合わせを頂きました。 対象者様は高校卒業後に診断されたそうです。 現在の状態を伺うと、障害者雇用で就労しているとのこと。 現在通院している病院の先生に「障害年金は無理」だと言われたそうです。 日常生活では、食事の用意は一人ででき、入浴一日おきだが自主的に入り、きちんと洗えている。 部屋の掃 続きを読む

老齢基礎年金を繰上げ受給している場合、障害年金は?

現在62歳、変形性膝関節症で左膝を曲げることが出来ないという方と面談を行いました。 初診は10年前、厚生年金加入中でした。 何とか自力で歩くことはできるため「障害厚生年金3級になるか」相談者様は少しでも可能性があるのなら申請してみたいとのことでした。 認定日請求も考えましたが当時は現在ほど悪くなく、するなら事後重症請求をと言う事になりました。 しかし詳しく現在の状況を伺うと、通常65歳 続きを読む

難聴で障害年金を受給中。知的障害があるので障害年金を増やすことが出来ないか?

現在障害年金を受給しているという方からご相談がありました。 「難聴で障害年金を受給しているが、知的障害もあるので増やせないか」と言うご質問です。 先ず現在受給中の障害年金が1・2・3級どの級を受給しているのかお伺いしました。 障害年金は、傷病が違う毎に受給できるものではありません。 傷病が増えると、併合して等級が上がるかどうか考えます。 相談者様が現在受給している年金は障害年金1級だ 続きを読む

片目のみ悪い場合、障害年金の対象になりますか?

本日、右目の視力が0.01だけど障害年金を受給できるかと、お電話をいただきました。 相談者様の状況を伺うと、 ・現在50代 ・初診時は厚生年金だったと思う ・左目の視力は良い 先ず障害年金は、両目が悪い場合に支給されます。 左目の視力に異常がない時点で年金の対象外になります。 しかし、初診が厚生年金加入の場合は障害厚生年金を受給できます。 障害厚生年金には「障害手当金」という制 続きを読む

パワハラでうつ病になった場合の障害年金手続きは?

年金請求書に「傷病の原因は業務上ですか」「障害の原因は第三者の行為によりますか」と言う項目があります。 上記部分を「業務上である」「第三者の行為による」とした場合、【第三者行為事故状況届】等の書類が必要になります。 どの様な書類かと申しますと「労災申請をしているか・裁判をするか等、同じ傷病で他から金銭が下りているなら障害年金は支給停止されることがある」為、それらの内容を確認するための書類になり 続きを読む

病気が悪化した日まで、障害年金を遡って受給できないかご相談をいただきました。

本日は、15年前から鬱病で通院を続けている方からご相談をいただきました。 相談者様は年金事務所に相談に行き「遡及は難しいから事後重症請求を勧める」と言われたそうです。 本当に遡及は難しいのか?とのご相談です。 詳しく伺うと、初診は15年前で現在まで同じ心療内科に通院を続けている。 仕事は続けていたが、10年前から休職復職を繰り返すようになり、昨年退職したとのことです。 遡及をするには初診 続きを読む

潰瘍性大腸炎と診断されているので、障害年金を受給できるかご相談いただきました。

本日は潰瘍性大腸炎と診断されたが、障害年金を受給できるかとの問い合わせを頂きました。 相談者様はマイタウンのチラシを見てお電話をくださいました。 相談者様は現在64歳で、潰瘍性大腸炎と診断されたのは50代の頃だそうです。 初診時は厚生年金加入していた為、障害厚生年金請求をすることになります。 現在の症状を伺うと、日によってトイレに籠らなければならないけれど、それ以外は買い物や洗濯、お料理な 続きを読む

<< 前の記事を見る