相談事例

本日はヘルニアの方からご相談がありました。

本日はヘルニアの方から電話で相談がありました。 現在は新型コロナウィルスの影響があり面談は控えているのでそのまま電話で状況をお聞きしました。 ご相談者の方は2年ほど前にヘルニアになり仕事がなかなかできないという状態だったそうです。椎間板ヘルニアとは、背骨の腰部の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛びだすことです。痛みやしびれにより歩けないこと 続きを読む

本日は、事故による頸椎損傷で障害年金を考えている方からご相談がありました。

本日のご相談者様は、65歳で4年前に事故で頸椎損傷し、後遺症により手に痺れがあるそうです。 詳しくお話を伺ったところ、歩くことは問題なく出来るが、手の指先が痺れた状態の為、ボタンを留めたりなど細かい作業が出来なくなったそうです。 初診である61歳当時は会社を退職していたため、受給する障害年金は障害基礎年金となります。 障害基礎年金には1級2級があり、「日常生活に著しい障害がある方」が対象 続きを読む

本日は乾癬により仕事が困難になった方からの相談です。

本日は、乾癬により指が動きにくくなり、仕事を休職している方からご相談がありました。 病気により手親指の関節が動かにしくくなり、手先を使う仕事に従事出来なくなったそうです。 初診は厚生年金の為、障害年金3級まで該当の級があります。 今回の場合、親指一本動きにくくなったことで3級までに該当するかがポイントになります。 認定基準によると「4指の用を廃したもの」が3級となっております。 これに当 続きを読む

本日は脳出血によりご自身で申請した結果、不支給だった方からの相談がありました。

相談者様は2年前に脳出血になり、後遺症があることで障害年金認定日請求をしたそうです。 ですが、結果が「1.2級に該当しない」ということで不支給に。審査請求のご相談がありました。 診断書の記載を確認したところ手は問題なく使うことができ、歩くことは「やや不自由」ということでした。 相談者様は国民年金加入の為、2級以上に該当しなければ障害年金は受給できません。 障害年金2級は、「日常生活に著しい 続きを読む

本日は左半身不随の方のご家族と面談しました。

本日は左半身不随の方の旦那様と面談しました。LINEからのお問い合わせからの面談でした。 ご相談者の方は病気のために面談に来られませんでしたが、旦那様が面談に訪れました。ご相談者は左半身が不随で診断書だけは医者に書いてもらったそうです。 その診断書を確認すると初診日については歩くことも立つこともできない状態で書かれていましたが、診断書を書いたころは体の調子がよく体に不自由があったとして 続きを読む

本日は自閉症の方の奥様と面談をしました。

本日は自閉症の方の奥様と面談をしました。障害年金のちらしを持ってきて突然事務所を訪問してきました。 ご相談者の方は来られてなく奥様だけの相談でした。ご相談者の方は14年前に病院に行って自閉症と言われたそうです。しかしそれからはずっと病院に行ってないそうです。 障害年金では、初診日から一切病院に行っていない場合には診断書がないため障害年金の申請そのものができません。ご相談者の奥様にはどこ 続きを読む

本日は、重度心筋梗塞の方と面談いたしました。

本日は、重度の心筋梗塞により補助人工心臓を入れた方と面談をいたしました。 相談者様は令和1年6月、仕事中に倒れ救急搬送。 緊急手術の結果一命はとりとめたけれど、今後の生活を考えてたら人工心臓を着けなければ生活できないと先生に言われ、10月に補助人工心臓手術をしたそうです。 通常、障害年金の認定日は初診から一年半経過した日ですが、それ以前に人工心臓手術をした場合は、手術した日が認定日となります 続きを読む

本日は双極性障害の方と面談をいたしました。

初診が20年前の為、病院にカルテがなく証明書がとれないと相談にいらっしゃいました。 何度か年金事務所に相談に行ったそうですが、手詰まりになったそうです。 初診のカルテが残っていない場合、それに代わる書類はいろいろあります。 当時の診察券や、日記をつけていた場合も証明の代わりになる場合があります。 初診の証明がとれずあきらめている方も、一度ご相談にいらしてください。 LINEで簡単にご相談 続きを読む

本日は高血圧による人工透析になった方と面談を行いました。

今日は高血圧による人工透析になった方と面談を行いました。電車広告を見てからのご相談でした。 相談者は5年ぐらい前に高血圧によって病院に行きましたが、それにより腎不全になったそうです。仕事上人工透析はできないということでお母様による腎移植をしたけど体調がよくなく倒れることがあったので人工透析に結局することになったそうです。 人工透析は障害年金では基本2級になります。人工透析になった日から3ヶ月を 続きを読む

本日は関節症性乾癬の方と面談を行いました。

本日は関節症性乾癬の方と面談を行いました。 関節症性乾癬は皮膚が角化して痛む乾癬と関節の痛みを併せ持つ病気のことです。 相談者の方は関節が痛くて歩けない場合があると言われていました。この病気の場合は肢体の障害になり肢体の診断書を医者に書いてもらわなければなりません。 肢体の診断書を書いてもらうときには握る、つまむなどができるかどうか書くところがあるのですが、無理してつまもうとして本 続きを読む

<< 前の記事を見る