心疾患

【感謝のお手紙 13】心臓病(松山市60代)の方から感謝のお手紙をいただきました。

感謝のお手紙をいただきました(2020年3月)。 相談者: 松山市の男性(60代) 傷病名: 心臓病 手紙をいただいた日: 令和2年(2020年)3月 いただいた感謝のお手紙の内容 主人の障害年金申請でお世話になりました。遡及請求は自分では無理です。普通の申請で却下されていましたから何のどれが出来ない等々上手に伝える事ができないです。 かなりの部分に制限をかけ仕事をしてきていま 続きを読む

本日は、重度心筋梗塞の方と面談いたしました。

本日は、重度の心筋梗塞により補助人工心臓を入れた方と面談をいたしました。 相談者様は令和1年6月、仕事中に倒れ救急搬送。 緊急手術の結果一命はとりとめたけれど、今後の生活を考えてたら人工心臓を着けなければ生活できないと先生に言われ、10月に補助人工心臓手術をしたそうです。 通常、障害年金の認定日は初診から一年半経過した日ですが、それ以前に人工心臓手術をした場合は、手術した日が認定日となります 続きを読む

感謝のお手紙4 松山市 僧帽弁閉鎖不全症、閉塞性肥大型心筋症による人工弁の方

感謝のお手紙をいただきました(2019年7月)。 受給者: 松山市の女性(40代) 傷病名: 僧帽弁閉鎖不全症、閉塞性肥大型心筋症による人工弁 手紙をいただいた日: 令和元年(2019年)7月 いただいた感謝のお手紙の内容 大変お世話になりました。 自分では分からない事だらけで放置状態でした。 かわりに手続きをしていただいて受給することができました。 本当に助かりありがとうご 続きを読む

本日はペースメーカーを装着された方と面談を行いました。

本日はペースメーカーをつけた方と面談を行いました。当サイトを見てお電話をしていただいての面談でした。 相談者の方は17歳に病院に診察に行ってICD(植込み型除細動器)というペースメーカーを装着しているそうです。初診日が20歳前であるため障害基礎年金に該当します。 ペースメーカーを装着した場合は基本的に障害年金の3級に該当し、装着した日から障害年金を受給することができます。今回のケースは 続きを読む

本日は大動脈弁狭窄症の方と面談を行いました。

本日は大動脈弁狭窄症の方と面談を行いました。当サイトを見ての電話をしての相談でした。 相談者の方は健康診断の時に心臓に異音があり、病院で診察してもらったら大動脈弁狭窄症だと分かったそうです。現在は人工弁の手術をしようと思っていてその前に当センターの面談を受けたいということでお越しになられました。 手術をして心臓に人工弁を置換した場合には障害認定日は人工弁を装着するした日で原則3級になります 続きを読む